日テレ VTuber 事業「V-Clan」

VTuberを次のステージへ

テレビとインターネットのノウハウを掛け合わせて、まだ見ぬバーチャルの可能性をお茶の間に届けます。

Service

サービス内容

  • Network

    ネットワーク

    日本テレビが手がける世界最大級のVTuberネットワーク「V-Clan」を運営し、参加VTuberの活動をサポートしています。

  • Produce

    プロデュース

    豊富な実績と経験を生かして、VTuberコンテンツの企画・プロデュースを行っています。
    お客様の課題に合わせた解決策をご提案いたします。

Works

実績

  • 「ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ系列)」の「アバター大喜利」の技術サポート

    「ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ系列)」の「アバター大喜利」企画の技術サポートを行いました。「アバター大喜利」では、回答者がドラキュラ、シロクマ、ロボット、レッサーパンダ、ひげおじさん、カエルのアバターで登場。回答者が誰なのかは誰も分からない状態で大喜利に挑戦。

  • Virtual UNIT Fes. VILLS(オンラインイベント)

    【企画・プロデュース】2020年7月に人気VTuber約30名が出演し、バラエティ企画や音楽ライブを行う有料オンラインイベントを開催。イベント公式ハッシュタグ「#VILLSでひとつに」がTwitterのトレンド4位にランクイン、累計ツイート数は9万回を超えるなど、ネット上で大きな反響を獲得。

  • バーチャル推し電WA!!(オンラインイベント)

    【企画・プロデュース】2020年5月から計4回開催しているVTuberとファンが一対一で電話ができるオンラインイベント。​回数を増すごとに参加者も増加し、​また「推し電限定デジタルレター」を実施することで満足度もアップさせることに成功。

  • VTuber Fes UnderLine powered by COMP (PR)

    【PR・タイアップ】バランス栄養食品メーカー「COMP」をスポンサーに迎え、人気VTuberを数多く起用した完全無料ライブを実施予定。バーチャルステージにCOMP商品の意匠を盛り込むなど、3Dだからこそできる演出をふんだんに取り入れました。

  • 美少女大行列〜バーチャルで生まれ変わってみた〜(日本テレビ系列)

    【企画・プロデュース】日本テレビで2020年10月に放送された特番。VTuber技術を使って桜井日奈子のリアルCGモデルを作成し、「美少女になりたい」人たちが入ることで、スタジオには本物の桜井日奈子と複数のバーチャルひなこが大集合。「別人が美少女になりきる」という新時代の“美少女トーク”をお届けするバラエティ番組。

  • 有馬でV!~Vチューバーによる競馬応援バトル~(BS日テレ)

    【制作・技術協力】BS日テレで2020年12月に放送された特番。有馬記念を盛り上げるため、MCとして土屋伸之(ナイツ)、柴田阿弥を迎え、人気Vチューバー達によるガチ予想バトルを繰り広げる新感覚競馬番組。

  • VTuberおバカぐらんぷり(配信番組)

    【企画・プロデュース】ライブ配信アプリ「LIVEPARK」にて、2020年6月〜7月に第一回、11月〜12月に第二回を配信した特番。MCに永野を迎え、毎週ゲストVTuberを招き、不名誉な“おバカNo1VTuber”の座をかけてクイズで対決する番組。

  • 女子会できるかな?(配信番組)

    【企画・プロデュース】SHOWROOMで2020年8月〜11月に全5回配信されたレギュラー番組。イジリー岡田をMCに迎え、女性VTuberたちが集まり赤裸々本音トークを繰り広げたり、視聴者参加型企画も実施するトーク番組。

  • 銀河道場(配信番組)

    【企画・プロデュース】ライブ配信アプリ「LIVEPARK」にて、2020年9月〜12月に隔週で配信されたレギュラー番組。侵略宇宙人VTuberの銀河アリスさんが道場の師範となり、地球上の芸人さんを入門生としてお招き。さまざまなお悩みを大胆に解決したり、一緒にコントをしてステップアップしていくトークバラエティ。

  • ヤッターマンチャンネル(キャラクター)

    【企画・プロデュース】国民的アニメ『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のヤッターマン2号こと「カミナリアイ」と、ドロンボー一味としておなじみの「ボヤッキー」がVTuber化。

  • THE MUSIC DAY 2019 〜時代〜 VTuberリレー企画(日本テレビ系列)

    【企画・プロデュース】日本テレビ系列で2019年7月に放送された「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」の裏配信企画「裏配信★大魔王の部屋」にて、人気VTuberが多数出演する「VTuber リレー企画」を実施。

  • バーチャルLOVE~デジタル彼氏はリアル彼氏になれるのか?(日本テレビ系列)

    【技術協力】バーチャル空間で有名芸能人たちがVTuberに変身!見た目の先入観に惑わされず、性格の相性だけで理想の相手を探す、新しい恋愛マッチング番組。

  • ヤバイ話を漫画にしてみた(日本テレビ系列)

    【技術協力】犯罪に巻き込まれたり、自殺未遂で生死の境をさまよったり…時に目を覆いたくなるような強烈な体験を漫画にして届ける実話バラエティ番組。VTuberの技術を活用し、強烈体験をした取材相手が漫画の主人公の姿のままスタジオ出演。

  • 式部めぐり×ラディウス コラボキャンペーン実施(PR)

    【PR・タイアップ】VTuber式部めぐりとのコラボをプロデュース。渋谷をモチーフにした書き下ろしイラストを制作し、全国の家電量販店で施策を展開しました。

  • eXeField Akiba×大蔦える サイネージ紹介動画出演(PR)

    【PR・タイアップ】秋葉原にあるeSports施設「eXeField Akiba」の大型ビジョンを紹介する動画に大蔦えるが出演。MCとしてインタビューを牽引しました。

  • もちひよこ×ココナラ オリジナルメニュー作成(PR)

    【PR・タイアップ】スキルのプラットフォームサービスを提供する「ココナラ」社とのタイアップ。総額250万円のココナラでしか買えない、オリジナルスキルを販売。さらに、もちひよこによるPR動画を制作しました。

Member

参加メンバー

事務所の垣根を超えて、美少女からゴリラまで、様々なタイプの人気 VTuber 100名以上が参加中!

Team

主要メンバー

  • 吉田健人

    プロデューサー/日本テレビ放送網株式会社

    日本テレビ社長室所属。青山学院大学卒。
    インタラクティブ技術を活用したEC連動番組や、TVerの新商品パッケージの開発等に従事。V-Clanにて番組・事業プロデューサーを担当。サッカー・マンガ・映画が好き。

  • 大井基行

    V-Clan代表/プロデューサー/日本テレビ放送網株式会社

    日本テレビ社長室所属。慶應義塾大学卒。27歳。入社2年目に社内ベンチャーとしてVTuber事業を立ち上げ、昨年5月に「V-Clan」を設立。事業責任者として事業運営を行っている他、番組、イベント、キャラクターの企画・プロデュースも務めている。

  • 大谷岳史

    プロデューサー/日本テレビ放送網株式会社

    日本テレビ社長室所属。立教大学現代心理学部映像身体学科卒。株式会社オールアバウトにてコンテンツマーケティングを専門とするアカウントプランニングに従事。
    2020年4月から現職となり、音楽フェス「VTuber Fes UnderLine powered by COMP」のプロデュースなど、主にVTuberを使ったセールスプロモーションに従事。

  • 三上昌史

    V-Clan顧問/Gugenka代表取締役CEO

    映画のデジタルプロモーションを経て、XR分野においてメディア出演、公演の他、新規事業立案、「東雲めぐ」などのコンテンツプロデュースを行う。
    また、デジタルフィギュア「HoloModels」やアバター作成ツール「MakeAvatar」などのサービス提供や、初音ミク公式のバーチャルイベント「ミクランド」などのイベントプロデュースを手がけている。

Creator

クリエイター

  • カツオ

    放送作家・YouTubeキュレーター

    早稲田大学在学中に、劇団「盗難アジア」を旗揚げ。2005年まで、主宰・俳優として活動。また、演劇活動と並行して、放送作家の活動も始める。以降、現在に至る。2014年からはYouTube業界にも注力、YouTubeキュレーターとしても活動。現在は…『全力!脱力タイムズ』、『千鳥のクセがスゴいネタGP』(CX)、『有吉ぃぃeeeee!』(TX)、『冒険少年』(TBS)、『フリースタイルダンジョン』(EX)、『スクール革命!』『ぐるぐるナインティナイン』(NTV)など、多数のバラエティ番組や動画コンテンツ、脚本を手掛ける。また自身でも企画プロデュースのYouTubeコンテンツを多数運営。

  • 谷田 彰吾 

    クロスボーダークリエイター / 放送作家 / 株式会社VVQ代表

    TVクリエイターの才能をWebや広告とかけ合わせ、業界の国境を飛び越える「クロスボーダークリエイティブ」を提唱し、VVQを創業。Vtuber、e-Sports、AI、VR、NFTなど、企画脳×テクノロジーでエンタメのDXに挑戦中。過去に芸能人YouTube運営事業を経験。Yahoo!ニュース個人オーサーとしてコラムも執筆。共著『YouTube作家的思考』(扶桑社新書)

  • 神崎 裕子

    プロデューサー/株式会社日テレ アックスオン

    お昼の生放送番組・歌番組の制作を中心に担当。出産を期に「ゆっくり私時間」「ママ大好き!」「ママモコモてれび」など、女性・子供向け番組のディレクターを担当しつつ、旅番組や美術番組などをプロデューサーとして立ち上げる。現在は日本テレビの番組だけでなく、NHK、WOWOW、WEBコンテンツ、企業のインフォマーシャルなど様々な番組コンテンツを制作中。2児の母。NHK「セカンドの美学」で文化放送基金賞奨励賞を受賞

  • 大川 広志

    ディレクター/株式会社日テレ アックスオン

    朝の情報番組「ZIP!」で特集・五輪取材などを担当。年間50本近くの企画を提出し、年間企画MVPとして海外研修にも参加したAXONの名物アイデアマン。「ヒルナンデス!」「ぶらり途中下車の旅」など生放送から完パケの情報・バラエティ番組まで幅広く担当しながらNTV「※諸説あります」「調べてみたら驚いた!」NHK「地球メシ」など、自身の企画立案した番組演出も多数。